リストラ再就職支援

リクナビNEXT [累計約30万人の再就職を実現]

  • リストラ再就職向きの求人を多く掲載されています。
  • 転職サイトで利用者数が約80%ある人気の求人サイトです。
  • スカウト機能でサイトにない案件(非公開求人)からオファーがくることもある。
  • 就職活動のノウハウもあり、参考にできる情報が掲載されています。

リクルートエージェント [給与・待遇面の交渉もやってもらえる]

  • 専門の転職エージェントが丁寧に再就職先を提案します。。
  • リクルートエージェント独自の非公開求人を持っているため他にはない求人が紹介されることもあります。

はたらいく [地元で職を探す方]

  • 地元地域に就職したい方におすすめの求人サイト
  • らいくサービスにより企業から誘われることもあり、もちろん自分からも特定の企業に興味が有ることを伝えることができる



リストラでも再就職に挑戦

日本でも昨今の不況はとどまるところを知らず、新卒の若い学生たちでも頭を抱えている状態です。そんな中突然リストラという壁にぶち当たってしまう中高年の方も多いようです。リストラされたからといってもちろんこのまま落ち込んでいるわけにはいきません。特に支えていくべき家庭がある場合にはなおさらのことでしょう。
しかし実際特に大手企業ともなりますと35歳を超えたことからもうすでに”中高年”という世代として見るもの。それが40歳を超えると再就職の可能性がぐんと低くなるというのも現実です。こんな不況の中ですが、やはり最後の最後まで諦めるわけにもいかない、本当に困ったものですよね。

さてもちろんリストラされたことによって再就職できないということはありません。多くの方がリストラという厳しい現実をしっかり受け止め、すぐに就職活動に入っています。その際のポイントとしては焦らないということ。現在では新卒でさえ就職が厳しい状態ですから、それに加えて自分の年齢を考えるとどうしても焦ってしまいがちです。まずはこれまでの自分の仕事を振り返って、自分にあるスキルを整頓してみるとよいでしょう。

リストラ後の再就職でも就職活動の基本は全く同じです。とにかく情報収集をするということ。かならず年齢に関係なく受け入れてくれる企業があるものです。特にハローワークなどの公的機関を利用すればより安心して就職活動ができますね。ハローワークは現在はインターネットからの求人検索も可能です。

またインターネットといえば、転職にテーマを絞って求人情報を紹介しているサイトも多く出てきました。それらを積極的に活用することで必ず再就職の道も開けてくるはずです。失業保険など制度を最大限に活用して、焦らず情報収集を始めましょう。


再就職をする方に読んで欲しいおすすめコンテツ



トップページ 再就職をするために必要な5つの流れ 再就職におすすめの求人サイト